成功する「差別化・情報」戦略 ブランディングによる人の集め方・活かし方
介護福祉経営士実行力テキストシリーズ10
成功する「差別化・情報」戦略 ブランディングによる人の集め方・活かし方

心をつかんで離さない地域密着のオンリーワンで顧客と価値と市場を創造する!

ブランド構築のための“3つの軸”――人、会社、サービスの際立たせ方

紙媒体、インターネットからTVメディアまで最後の決め手となる情報発信をどう行うか

○著者:辻川 泰史(株式会社エイチエル/株式会社はっぴーライフ 代表取締役)
○体裁:A5判並製本/123頁本文1色
○ISBN:978-4-86439-268-6 C3034

成功する「差別化・情報」戦略 ブランディングによる人の集め方・活かし方

商品コード 400750
¥1,980 (税込)
関連カテゴリ

カートに追加しました。

目次

第1章 介護事業所のブランディング
    ――ブランディングを理解する
1 なぜ、介護事業所にブランディングが必要なのか?
2 介護事業所の差別化とは?
3 介護事業所のブランディングを考える
4 ブランド構築のための“3つの軸”とは?
5 資格――介護業界におけるブランドへの誤解?

第2章 ブランディング戦略の立て方
    ――ブランディングを決めるには
1 何か1つに特化する
2 ブランディングに必要なこと
3 情報発信力の重要性
4 利用者が求めるブランドとは?
5 利用者が知りたい情報と、事業所が伝えたい情報

第3章 ブランド情報の発信方法と事例
    ――紙媒体からメディア戦略まで
1 プロモーション戦略
2 インターネットによる情報発信
3 成功するホームページづくりのポイント
4 ブログの活用によるブランド化
5 POPの作成方法
6 社内報の活用
7 メディアに取り上げられる
8 スタッフにブランディングを浸透させる

第4章 介護業界外からの視点とヒント
    ――ブランド獲得のために今何をすべきか
1 特別対談1――辻川泰史×町 亞聖(アナウンサー)
2 特別対談2――辻川泰史×中野善夫(PMC株式会社代表取締役会長兼CEO、エグゼクティブコンサルタント)