初級テキスト第1巻【第3版】 - 医療経営史
医療経営士初級テキスト第1巻【第3版】
「医療経営史」
-医療の起源から巨大病院の出現まで-

●編著者代表:酒井シヅ
(順天堂大学名誉教授・特任教授、日本医史学会理事長)
●ISBN: 978-4-86439-677-6 C3034

初級テキスト第1巻【第3版】 - 医療経営史

商品コード 400889
¥2,750 (税込)
関連カテゴリ

カートに追加しました。

目次

第1章 医療の起源

1.原始医療
 2.古代の医療
 3.ギリシャで誕生した経験医学


第2章 東西の医学

1.世界各地に存在する伝統医学


第3章 病院の歴史

1.病院の始まり
 2.キリスト教と病院
 3.病院の変容
 4.日本の病院


第4章 病院施設の変遷

1.戦後の医療行政史と病院施設
 2.病院施設の近代化とモデルプラン
 3.病院の成長と変化
 4.看護と病棟
 5.患者と病室
 6.感染管理と施設環境
 7.病院経営と施設整備
 8.病院のBCP(事業継続計画)


 

第5章 戦後から現代までの医療経営史

1.医療経営通史-終戦から現在まで(1)
 2.医療経営通史-終戦から現在まで(2)
 3.医療経営通史-終戦から現在まで(3)
 4.医療保険制度の歩み
 5.高齢者(老人)医療の発達
 6.介護保険制度
 7.医療法改正の歴史
 8.資金調達手法の多様化と消費税
 9.基準看護制度
 10.医療の情報化と画像診断機器の発達
 11.医薬分業と後発医薬品の利用促進
 12.健康診断のあゆみ
 13.予防接種のあゆみ
 14.先進医療と再生医療
 15.医療の産業化と国際化
【コラム】
 ①医師数養成について
 ②診療報酬点数表とDPCの導入
 ③入院添付
 ④画像診断機器の進歩
 ⑤高額薬剤の登場と費用対効果評価の導入
 ⑥がん検診と成人病検診
 ⑦予防接種健康被害者救済制度
【データBOX】
 ①医療安全の歴史
 ②高齢者医療制度の見直しに関する経緯
 ③医療法の目的
 ④医薬分業の利点
 ⑤最近の感染症対策のあゆみ
【確認問題】