栄養管理プロセスを活用した 栄養指導事例集


栄養管理(ケア)プロセスの流れを基本に、
「日本人の食事摂取基準(2020年版)」
を活用した栄養指導事例を紹介!


 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の公表を受け、管理栄養士が患者の病態ごとに効果的な栄養指導を行うことへの期待が高まっている。その一方で、高齢社会の進展に伴い、合併症などさまざまな疾患を持つ高齢患者が増えていることから、患者一人ひとりの状態を把握し、それに即した適切な栄養指導を実施することが求められている。もはや、教科書どおり・マニュアルどおりの対応は通用しなくなっているのである。
 そこで本書では、さまざまな患者・疾患を取り上げ、栄養管理(ケア)プロセスの流れを基本に、新たな食事摂取基準を活用した栄養指導事例を紹介。事例を通じて栄養現場で活用できるヒントを多数提示する。

【監修】中村丁次(神奈川県立保健福祉大学学長・日本栄養士会代表理事会長)
【定価】本体2,500円+税
【体裁】B5判・並製、168ページ
【ISBN】978-4-86439-978-4
  • 新刊

栄養管理プロセスを活用した 栄養指導事例集

商品コード 400997
¥2,750 (税込)
関連カテゴリ

カートに追加しました。

目次

第1章 栄養管理プロセスの意義
中村丁次(神奈川県立保健福祉大学学長、公益社団法人日本栄養士会代表理事会長)

第2章 栄養管理プロセスを活用した栄養指導
木戸康博(甲南女子大学医療栄養学部教授)

第3章 『日本人の食事摂取基準』(2020年版)による栄養指導の考え方
上西一弘(女子栄養大学栄養生理学研究室教授)

第4章 栄養指導事例
糖尿病(4事例)/腎臓病(3事例)/周術期がん(3事例)/がん放射線化学療法(4事例)/摂食嚥下障害(4事例)/心疾患(3事例)/サルコペニア(3事例)

巻末資料 栄養診断コード一覧